景品の選び方のコツ

結婚式などの二次会では、多くの人が集まります。こうした宴会を盛り上げるにあたって、景品を用意したゲームを行うこともあるのではないでしょうか。ですが、ゲームが面白くても景品がちっぽけなものでは、興も冷めるというものです。参加者は会費を払って二次会に参加しているため、ある程度の元は取りたいという意識がある人も居ます。そこで、二次会などの宴会では、どういった景品を選ぶべきかについて解説をします。

まず第一条件として「もらって嬉しいもの」を選びましょう。嬉しさに個人差はありますが、それでもある程度は「多くの人が喜ぶもの」を選びたいところです。もらったら男女関係なく嬉しいもの、今話題の品物、あったら嬉しいが普段買わないものなどが、これにあたるでしょう。

また、景品はある程度豪華なものにすると良いです。景品が豪華であれば競争心に火がつき、ゲームや宴会が盛り上がります。景品を巡って争うこと自体が、話題や思い出になることもあります。 景品の数についてですが、参加者全員に行き渡らせる必要はありません。参加者の3分の1程度に行き渡るようにすれば問題ありません。この時、上記の通り、豪華で目玉となる景品を用意しておくと良いです。

このように考えてみると、ある程度景品の傾向が絞り込めます。まずひとつは旅行用や金券といったチケットです。金券は手堅いですが、面白みにかけるという人もいるため、旅行用やレジャー用のチケットなどの方が盛り上がる可能性があります。もう一つは食べ物です。景品があたった人によって好き嫌いはありますが、高級な食材であれば悪い気はしません。こうした景品の選び方について紹介致します。

 

Copyright © 2014 景品選びについて All Rights Reserved.